穴水町で暮らしてみませんか?

新出 洋(しんで ひろし)さん

能登町藤波出身。金融関係、自動車ディーラーの仕事を経て、夢を実現するべく飲食業界へ入る。県内外で飲食店経営を経験し、2016年に能登へUターン。同年12月に穴水駅前の空き店舗を活用して能登バルAZ(アズ)をオープン。

高校時代の夢、サラリーマンから飲食業界へ

高校時代から飲食業界に興味がありました。小さい時から料理をつくるのが好きだったこともありますし、自分がつくった料理でお客様を幸せにできるところに魅力を感じていました。ただ、厳しい世界なので両親から反対され、一般企業に勤めました。しかし、「自分で飲食店をやりたい」という思いが強く、数年後に会社を退職し、飲食業界に入りました。

金沢と東京で飲食店を経営

退職後は2年間の修業を経て、25歳の時に金沢で起業しました。焼き肉店をオープンし、店舗拡大や業態展開でバー等も行っていました。
その後、どうしても東京でチャレンジがしたく、金沢のお店を全て売却し、恵比寿で新しいスタイルのレーサーズカフェをオープンしました。カーレース好きの方たちが集まるカフェで、F1レーサーや世界的に有名な方がたくさん来られました。他のお店と違うスタイルがうけて、テレビや雑誌にもよく取り上げられました。

能登でやりたかったこと

昔から人と同じことはしたがらないタイプなのかもしれません。まだ何か面白いことをやろうと思ったときに、「能登」っていう選択肢がありました。「能登の里山里海」が世界農業遺産になったり、いろんな部分で魅力があるなと。ただ情報発信がまだまだ弱くて、もったいないなと思っていました。
そして、起業した時から、能登に住んでいる方たちが楽しめるコミュニティーの場をつくりたいと思っていました。自分が里帰りをしても気軽にご飯や遊びに行けるところがなかったんです。能登でも楽しいことができるんだよっていう話題づくりがしたくて。若い時は資本がなくてチャレンジできませんでしたが、今この歳になってやっとできるのかなと思い、Uターンを決めました。現在のお店はその第一歩ですね。

若者や女性が気軽に楽しめるお店

能登でお店を出すなら、「能登にないものをつくりたい」と思いイタリアンバルという業態を選びました。能登には気軽にイタリアンや酒を楽しむスタイルのお店があまりないんです。若者や女性が来やすいお店にしたいと思い、メニューは常に増やしています。女性が食べたくなるような、美容と健康に良いメニューを考えています。
音楽イベント等も予定していますよ。穴水駅前という立地で、近くにのと里山空港もあるので、交通の便を利用して、様々なイベントができると思います。

人も地域も豊かになってほしい

お客様がここを出られる時に、「楽しかったな、また来たいな、だれかに紹介したいな」と思ってもらえるのがお店だと思っています。そのために僕は、接する人の良いところを見つけるように心がけています。相手の良いところって、口に出して言おうとするとなかなか言えないんですよ。それを意識して探して言葉にして伝えると、人もこの地域ももっと良くなると思うんですよ。田舎ではマイナスな話が多いんですが、このお店からそういうところを変えたいなと。僕一人やっていても影響力は小さいと思いますが、お客様同士が良いところを自然と言い合ってハッピーになれる場にしていきたいです。

旅人の拠点に

プライベートで運動をやっているんです。今までは自転車をやっていたんですが、今年からトライアスロンも始めました。佐渡島の210キロ自転車レースや、珠洲市のトライアスロン大会にも出場したいと思っています。
最近、能登を自転車やバイクで旅するサイクリストやバイカーが増えているので、このお店が旅人の拠点でありたいなと思っているんです。ゆくゆくは観光事業とうまくマッチングして、農業や漁業体験をしながら長期滞在できる宿泊施設も計画しています。

NOTO DINIG CAFE&BAR 能登バルAZ(アズ)
〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町は-27
TEL:0768-23-4887
営業時間
Lunch:11:00~14:00
Dinner:17:00~24:00
定休日:不定休
フェイスブックページ @能登バル AZ

▲ ページのトップへ